イケメンに対して節操がない

手紙のはなし

やったー!そんなに期間開けずに更新できたぞー!
ということで、今回は前々から気になっていた手紙についてのお話です。テンプレお借りしてきました。ありがとうございます。

 

 

▼宛名
封筒に書くのは基本的に【フルネーム+様】
です。現場で預ける場合は作品名と役名も添えるようにしてます。

 

▼書き出し
「〇〇くん、こんにちは」からはじまって、公演お疲れ様でした!とか千秋楽おめでとうございます!とか書いてます。間が空いちゃうと「お手紙を書かせていただくのは〇〇(作品名やイベント名)以来です」っていうのも書いたりするけど最近は結構予定詰まってたので書いてないです。
若手俳優オタクのブログ読んでると書き出しで名乗ってる人が多いみたいで…。私は初めて手紙を書く相手にしか書き出しでは名乗らないのでちょっと新鮮でした。

 

▼内容
舞台とかイベントの感想を書きます。だいたい褒めてる。というか褒めたい!!!!と思って書いてるので必然的にそういう内容になります。あとは個人的な考察とか解釈とか。
必ず下書きしてから書いてます。終演後に感想とか思ったことをばーーーーっとメモって、それをまとめながら下書きしつつ人様に晒しても恥ずかしくない状態まで持っていく感じ。
あとは推しがオタクの近況報告読むの好きみたいなので、私生活で面白いことがあったりすると書いたりもします。感想だけで枚数かさんでたら書きませんが。

 

▼締め
だいたい次の現場の話とかしつつ、気候の話を織り交ぜて「御自愛ください」で締めています。毎回結構な枚数書いちゃったりするので、あまりにも長い時はそれに対しての謝罪とかも入れてます。

 

▼頻度
基本的には現場に入る度に書いてます。同じ作品に複数回入ることが難しいので、結局1作品につき1回くらいにはなっちゃうんですけど。マチソワ間は書きません。
書きたいことがいっぱいあるけど次の現場までの期間が長いと郵送したりもします。じゃないと枚数がとんでもないことになるので。推しに迷惑がかかってしまう。
こんなに手紙を書くようになったのは今の推しになってからです。元推しの時はもっと現場回数少なかったけど全然でした。たまに出しても枚数少なかったし。

 

▼手紙の量
平均5枚くらい。5枚で収まれば上出来、って感じ。
最高で10枚書いたことがありますが、本当に申し訳ないなって思いました。どっかのブログに「手紙読んでる間は給料出ないのにね」って書いてあってちょっと反省した。

 

▼送り元と名前
現場で預ける場合は封筒には名前のみ、便箋に住所を添えています。怪しいものではありませんよアピールです。
郵送の場合は封筒に住所+名前。

 

▼手紙の種類
枚数書くのでレターセットだと便箋がすぐに終わります。だから最近は別売りの便箋を買うことにしました。封筒はレターセットの残りを使ったりテキトーです。やる気を出せ。前は総柄!みたいな封筒を使うことが多かったんですが、今はシンプルなものにちょっとだけシールを貼ったりするのが主流になってます。
でもかわいいレターセット見つけるとついつい買っちゃう。学習しない。そういう場合は誕生日とか特別な時に使ったり、突発的に書いた推し以外の若手俳優宛ての手紙に使ったりしています。ただし、推し以外に書く手紙が短いかと言われるとそうでもない。

 

▼ペン
名前を書いたりするのは役柄とかその時の気分とかでいろいろ変えてて、SARASA0.5シリーズだったりPLAYCOLOR2だったりを使用してます。よく使うのはSARASAのダークブルー。
本文はPILOTのOpt.を使用してます。書き心地と握り心地がちょうどいい。筆圧魔でも書きやすい。

 

▼その他
誤字はちっちゃいシール貼って誤魔化してます。ちょっと似てるからってポメラニアンのシールが推し専用。推しのこと子犬だと思ってる節があるので(笑)

 

 

こんな感じでしょうか?
前述した通りこんなに手紙を書くようになったのは今の推しになってからなのでここ1年くらいだと思うんですけど。気を抜くとすごい枚数書いちゃったりするので本当に気をつけないとなって思っています…。
最近は推し以外にも軽率に出しちゃうんですけど、そういう時も8枚とか普通に書いちゃうので、それこそ気持ち悪がられていないか心配になります。二推し相手とか特にそう。知らない人からいきなり長文の手紙が届いたら怖いよね!(超他人事)

 


そんな感じです。
今日は推しの現場があるのに仕事を詰められたので行けません。激おこです。励ましのお便りお待ちしています。

応援スタンスのはなし②

前回の更新から2ヶ月以上経ってしまいました。三日坊主どころか一日坊主になってしまった。
更新していなかった間に推しの主演舞台が大千秋楽を迎えました。お疲れ様でした。そして二推しができました。イケメンのいる現場には節操なしに出没しています。

 

今回は応援スタンスについての詳しい話。
私は昔J事務所のオタクをしていたこともあって、若手俳優のことをアイドルと同一視してる部分があるなっていうのは前々から感じています。でもそれはファンサをもらうとかそういうことではなくて「若手俳優」としての側面に夢を抱いてるというか。だからといってリアコかというとそうではないんですけど。結論から言っちゃうと「偶像崇拝」なんだと思っていて。でも、推しは崇める対象ではあるものの神かと言われるとまた違う存在だなって思います。あくまで信仰対象であって神ではない。もしかすると自分の信仰心を肯定するための存在なのかもしれないけど、それを認めてしまうと推しは自分の承認欲求を満たすための道具ってことになっちゃうんですよね…。推し事自体にはそういう部分も少なからずあるかもしれません。ファンサをもらう、認知されることで承認要求が満たされる、とか。でもそれはあくまで付加価値というか。推しが好きだからこそ行動して、その対価がファンサ、認知なのかなって。
私自身は弱いオタクだし推しに認知されてるかどうかめちゃくちゃ微妙なラインなので偉そうなことを言えた立場ではないのですが。やっぱり時間とお金を推しにめいっぱい注いでいるオタクは格好良くて尊くて偉いなって思います。 

 

私は周りから「モンペ」と言われることが多くて。推しに対しての考え方が過保護すぎるらしいです。まあ、推しにとってはモンスターであってもペアレントではないんですけどね。前の推しの時はモンペだなっていう自覚はありました。今の推しに対してはそうでもないよなって思ってたんですけど、最近はそういう兆候が少しずつ見えてきた感じがします。元がめちゃくちゃストーカー気質なので、そういうのもあるのかもしれません。
「愛が重い」っていうのもよく言われることなんですけど。それは本当に否定できないなって。その愛を向けている対象が人前に出ることを生業にしている人だからこそ許されている部分があるとはいえ、この対象が一般人になってしまうと犯罪になりかねないな、という危機感は持っています。推し相手にも犯罪にならないように気をつけます(笑)

  

うわー前回以上に壁打ちって感じになってしまったー!というか、応援スタンスっていう分類でいいのかもちょっとよくわからないのですが、自己満だしいいかなって。
こんな感じで今後もくだらない話をしていければいいなって思っています。次回の更新も2ヶ月後の可能性がありますが、思い立った時に壁打ちしていきます。

応援スタンスのはなし

はじめまして。
暇だったのではてブロはじめてみました。弱いオタクなのでたいしたことは書けないし、ネタがなさすぎて三日坊主で終わる気がします。本当にそうなったら笑ってやってください。
今回は自己紹介がてら応援スタンスについてお話します。必要箇所だけテンプレお借りしました。

 


▼基本情報
関東圏内在住の20代社会人。
電車で1時間半もあれば都内までたどり着けるんですが、最寄駅は私鉄しか通っていないのでJRが通っている最寄駅まで行くのに車で40分くらいかかります。そこがネック。
職業柄、年末年始とかお盆とかそういう概念がなく、低賃金で馬車馬のように働かされています。まとまった休みはほとんどなくて、有給はほとんど使えません。平日休みがあります。

  

推し
名前は伏せておきます。
某有名2.5次元舞台で出会って芝居に惚れ込んで。その当時は別に推しがいたのでタイミングが合うと舞台を観に行く程度だったんですけど。紆余曲折あって今は彼が本命です。福利厚生もしっかりしてて、すごく肌に合う。

  

▼舞台に行く基準
推しが出ていれば必ず1回は観に行けるようにスケジュールを調整しています。平日休みがあるので、チケットが取れなそうな人気作品は平日にねじ込んでみたりもします。観劇してから「この作品よかったなー」ってチケットを増やすのはいろんな都合上難しいので、最近は最初から何公演か押さえておくことが増えました。
推しを観に行くことももちろん大事なんですけど、観劇すること自体が好きなので、推しが出てなくても気になる作品があればスケジュールとにらめっこしつつ観に行っています。推しが出てるからって無理して面白くない舞台を観続けてもソウルジェムが濁るだけなので。幸い今の推しの出演作品は、推しが観たい欲求も面白い舞台が観たい欲求も同時に満たしてくれるのでありがたいです。感謝。

 

▼グッズを買う基準
個人ブロマイドは複数買いします。一作品につき何セット買うかは特に決めていませんが、終演後に無敵モードになっていたりすると、知らないうちに手元にたくさんあったりします。
あとはパンフレットを買うくらいですかね?ランダム系グッズは推しを自引きできた試しがないのであまり手を出しません。時々運試しに買う程度。

 

▼舞台以外のイベントに行く基準
舞台よりイベントの方が突発的に決まったりするので、スケジュールが合えば行く、という感じです。接触したい!というよりは、普段あんまり自分のことを話してくれない推しなので近況報告聞きたいなー、っていう感じです。知らなかった話とか聞いて知的欲求を満たしたい。

 

▼手紙の頻度
手紙は現場の度に入れるようにしてます。それでも足りない時とか次の現場まで間が空く時は事務所に送ろうと思いつつ実行できた試しがないです。テスト勉強とか課題とか、追い込まれないとやれない性分だったのが今ここで最大限発揮されてます。現場入った直後に思ったことを思ったままにばーってメモりつつ、それを人様に晒せるところまでまとめていく作業に時間がかかります。

 

▼同厨について
同担拒否ではないんですが、推しが自分より歳下なこともあって、周りの同厨の方がめちゃくちゃ若かったりしてなかなかお友達を作れないでいます。他厨のお友達の方が圧倒的に多い。コミュ障拗らせまくってるので腹を割って話せるようになるまでにちょっとお時間いただきますが、同厨のお友達欲しいのでよろしければお気軽にお声掛けください。ここでは推し公表してないけど。

  

▼総合的な応援スタンス
基本的には偶像崇拝です。推し=神様だとはさすがに思ってないんですけど、信仰の対象ではあります。でもちゃんと人間として見てるし、滅多なことがない限り幻滅することもありません。ある意味ではリアコよりも面倒くさいオタクだとは思います。でも推しにはそういうのがバレないように、手紙とかでもなるべくいい子にしています。

 

 

…こんな感じでしょうか?
まとまりがなかったりもしますが、ただ壁打ちしたかっただけなのでそこは御愛嬌ということで…。
多少余白を残して書いたつもりなので、気が向いたら余白を埋める作業もしていきたいと思います。前の推しについての話とかその辺。このブログが続けばの話ですが。
ではまた。