壁打ち用の壁

推しごと納めのはなし

推しごと納めしてきました!!!!2017年お疲れ様でした!!!!

推しと二推しさん同時に納められるって本当に幸せですね。あのツーショットを拝めたことこそ今年一年の締めくくりにふさわしいし、報われたなって思いました。こんなに恵まれていていいのだろうか。

 

2017年は推し変をしてから挑む初めての年でした。当人比にはなりますが前推しの時よりもたくさん現場に通ったし、初めて地方遠征にも行きました。なにより、前推しの時よりも心に余裕を持って応援できていて。精神的ストレスがほとんどない。やっぱり肌に合ってるんだなあ、としみじみ思いました。弱小オタクなのは百も承知なのですが、来年も引き続きこの調子で応援していけたらと思っています。

推しはこの一年でシリーズものの主演を、初めてながらも立派にやり遂げました。それ以外の舞台も楽しかったけど、やっぱり推しが座長として真摯に取り組んでいたからこそその作品ばっかり贔屓してしまう。最高でした。

推しはよく「人に恵まれている」と言います。この一年、外から見ている私ですら推しは人に恵まれていると感じたほどだったので、きっと推し本人からしたらもっと強く感じたことでしょう。今年できた素敵な縁もたくさんあったし、それ以前にあった縁が実を結んだこともたくさんありました。

私、推しのつむじが大好きなんですけど。頭もまんまるですっごくかわいいんですね。赤ちゃんの頃、親が布団に寝かせきりにしないでずっと抱っこしてると頭がまんまるになるらしいんですけど(諸説あるとは思います)。そうやって親御さんに愛情をたっぷり注がれて育った子だからこそ、たくさんの人に愛されて、それ以上の愛を返していけるんだろうなって思います。2018年もたくさんの人からの愛を一身に受けて、もっともっと輝いていってくれることを期待しています。年男だしね!

 

2017年で一番大きかったのは二推しさんに出会ったことです。最初は役として素晴らしいなって思っていたくらいだったのが、手紙を書いてからというもの、ごろごろと坂を転げ落ちるようにハマってしまいました。

だって全てにおいて最高なんだもん!

推しのこともハンパにしか応援できてない奴が2Dで現場に通うってことはもっと弱いオタクに成り果てるってことなんですけど。でも、いろいろ考えたけどどっちも諦められなくて。だから、気が済むまで2D体制で頑張ろうと思います。

そして、薄っすら感じていたことではありますが。二推しさんに対しての私、たぶんリアコです(ここ笑うところ)。3月まで会える機会がなさそうだってことに気づいてしまい、今から干からびてしまいそうです。どうしよう。

 

今年は手紙を書くことに力を注いだな、と思っていて。前推しの時は年3回書ければいい方だったのが、今では現場の度に持って行っています。回数入れない分、手紙で気持ちが伝わればいいなって思って。今までは書いた手紙を推しが読んでくれていればいいな、くらいの軽い気持ちだったんですけど。二推しさんがですね、オタクからの手紙の内容に言及した話を挨拶なりブログなりインタビューなりでしてくれるんですよね。初めて二推しさんにお手紙を持って行った日の夜に更新されたブログが、私の書いた手紙の一文を使った内容だった時にはひっくり返りました。こんなことがあるのかと。リアルタイムでキャッチボールできるって本当に幸せなんですね。来年も頑張って手紙書きます!近々二推しさんのお話もブログでできたらいいなって思っています。

 

2018年の目標はお花を出すこと!これに尽きます。今まで興味はあっても出したことがなかったので…。来年は絶対出したい。

それと、同厨の友達が欲しいです。他厨の友達ばっかりなので推しの現場ではぼっちなんですよね。ひとりで劇場近くの公園にいたりします。寂しすぎるだろ。なので、量より質!で応援スタンスの似た同厨さんと友達になれたらいいなって思っています。他厨の友達を連れて行ってもいいんですけど、現場期間が被ることが多すぎて…。そのうちバスツアーとかも考えてるみたいなので、頑張ってお友達作ります!

 

なんかまとまらなかったけど!私らしいでしょってことで!

来年も推し、二推しさん共々よろしくお願いいたします。

それでは、よいお年を!